ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「建築知識」600号P040掲載
平成17年2月「石綿障害予防規則」施行
その中で、アスベストの粉塵発生量により分類される。数字が低いほど発塵性が高い。
 レベル1:石綿含有吹付け材
 使用部位例:耐火建築物/S造の梁・柱の耐火被覆、
       壁・天井の吸音・結露防止材、エレベーター廻り
 レベル2:アスベスト含有保温材、耐火被覆材、断熱材
 使用部位例:ボイラー、配管、空調ダクトの保温材
 レベル3:その他アスベスト含有建材(成形材等)
 使用部位例:天井・壁・床材、ビニル床タイル、屋根石綿スレート板

※レベル1・2については除去において高いレベルのばく露防止対策が必要。...引用終了
---------------------------------
 建築知識11月号において、特集が組まれています。アスベストに関する「基礎知識」「解体・改修時における除去方法」「合有建材のリスト」等の内容です。除去方法ではイラストを使って判りやすく解説されています。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 日々おもふ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。