FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
ソース元:NIKKEI ARCHITECTURE特別編集版 美しい屋根2005 P52
屋根の「クール」対策がヒートアイランド緩和に
 東京都はヒートアイランド現象を緩和させるため「クールルーフ」と呼ぶ建築物の被覆対策を民間建築物に復及させていく方針。まず、都内7区で、屋根や屋上部分の被覆対策の推進の為、費用の一部の補助を目的とした「クールルーフ推進事業」を10月から開始。

東京都の「ヒートアイランド対策ガイドライン」
 オフィス・商業/工場・倉庫/集合住宅/戸建て住宅の各分野で壁面緑化・敷地内緑化・屋上緑化等が提案されているが、その中で屋根に「高反射率塗料」の利用をうたっている。
高反射率塗料とは、太陽光の中にある近赤外線を効率的に反射する事により屋根への蓄熱を抑制する塗料。メーカーにより遮熱塗料や断熱塗料等の名称で発売されているモノ。都の定義としては、一定の反射率を超えたものとなる予定。
--------------------------------
 日本で一番ヒートアイランド現象の酷い場所が東京都であることは間違いないでしょう。この事業の有効性が確認された場合、地球規模の温暖化を考えるとどの場所でも有効であると思われます。個人的には高反射率塗料の有効性が気になるところです。

スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 日々おもふ, All rights reserved.