ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソース元:Nikkei Healthcare21 2005.09
転機迎えたグループホーム 先進施設に見るケア充実と運営効率化のヒント
~認知症高齢者グループホームの課題~
認知症高齢者グループホームの特徴として、入居した高齢者の要介護度や認知症の病状が短期間で悪化するケースが多い。原因としては、施設の閉鎖性が挙げらる。今までの生活環境が一変しそれまでの人間関係が絶たれ、心身にマイナスの影響が出るため。
閉鎖性解消し生活環境の向上「まりやの家」(宮城県栗原市)
施設内容:
グループホーム・通所介護事業所・宅老所・居宅介護支援事業所で構成される複合型施設
施設の特徴:
各事業所が、食堂やリビングなどのスペースを共有し、各サービス利用者同士の交流が可能。宅老所利用者が状態悪化によりサービス形態の変更によりグループホームに入居する事になっても、交流の場が変わらないため生活環境の変化が最低限ですむ。
----------------------------------
共有スペースである食堂兼機能訓練室・談話室等をウッドデッキ側に配置することにより空間的にも閉鎖性の解消に繋がっています。しかし、最大の特徴は運営システムが各段階の高齢者の交流を中心に考えられている事だと思います。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 日々おもふ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。