FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
ソース元:Nikkei Healthcare21 2005.07

医療の改革に呼応して変革期を迎えた病院建築
(株)山下設計 第2設計本部 井上智史氏

従来、治療に重きが置かれていた病院建築でだが、現在では病気にかかっている人をどう癒すかが重視される。ストレスを取り除くことが、環境面も含めた総合的な治療的環境の整備が求められる。

価値観の多様化、情報化が進展した高度情報化社会では、以下の事が医療に求められている。
・患者の自主性やプライバシーを尊重
・インフォームドコンセントによる治療法の自己選択
・治療によるQOLの向上

病院建築の改修ポイント
・単に6床を4床に変えるのではなく、そこに個人の領域を設定し、患者個々のライフスタイルに対応出来るものにしていくこと。
・患者や家族の視点から見た療養環境の向上が重視。
・ナースステーション:車椅子対応のカウンターで親しみやすさアップ。
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 日々おもふ, All rights reserved.