ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソース元:NIKKEI ARCHITECTURE 2006-02-27 P96
 戸田建設はコンクリート構造物の強度をコア抜きせずに実測する技術にメドをつける。

スポンサーサイト


(200602:山形市内:Nikomat FT)
 デジカメのモノクロ写真とは雰囲気が何か違います。何が違うかはどうも解らないけども。


室外機のなかに神様

(200602:仙台市内:Nikomat FT)
 仙台市内のとあるビル。まぁ、よくもこんなに設置したと呆れるばかりの光景。そんな中に神様の社発見。


雪道

(200602:山形市内:Nikomat FT)
 やっと、現像上がって来ました。露出とかシャッタースピードとかクエスチョンですが、きちんと写ることが解りました。たくさん撮って感覚身につけるしかないようです。

家政婦は見た

(20060213駐車場:αSweet_D/MINOLTA AF 28-80mm F4-5.6)
 使用レンズは、初めて一眼レフを購入時に一緒に買ったMINOLTA純正レンズ。所有レンズで純正はこれのみという一品。まぁ、普通に映ります。

 しかし、この時は、ノラの生活をかいま見てしまって笑ってしまいます。ペロペロと水分補給したと思ったら、バイクに近づいてタイヤで爪研ぎですから。しかも、接地面で。バイクを所有している方は乗る前にタイヤチェック必ず行うべきですな。


フィルム巻きのフォルム

(αSweet_D/SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF)
 写真機とは写真を撮ってナンボであるが、如何せんフルオートのカメラに慣れまくった腕では「写真」が撮れないという現実。。したがって、被写体になってしまう現実。
 しかし、被写体としてNikomatを見ると随所で、現代のカメラにはないパーツの美しさが垣間見ることが出来る。金属パーツをふんだんに取り入れたボディも魅力のひとつ。今回は、その中でも特徴的なフィルム巻き取り部を被写体とした。
 ちなみに、巻き取り部脇に見える2つの穴は、ストロボとの接続口。このストロボは、1回毎に電球交換するもの。信じられない。




(20060205:仙台;αSweet_D/SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF)
「グッジョブ」の手に見えてしまう管理人です。
正確には手じゃなくて足ですが。

何でこんなに間広げているのか。力入りまくりです。

patinnko

(20060205:仙台市;αSweet_D/SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF)
 某所立体駐車場内の車椅子マークにて。この子の警戒範囲はかなり短く、20mmでもこんなに寄れました。

 Nikomatで撮影したフィルムをヨドバシカメラに持って行きました。
白黒フィルムの現像に掛かる日数13日間ですとの事。土日をはさんでいるとしてもビックリ。店員さんに聞くとデジカメに押されて現像するラボが減っているとのこと。プロラボはあるが、値段が馬鹿高いので...だそうで。Nikomat系写真のアップは本当にまだまだ先のようです。しかし、後数年もすると、フィルムが売っているのかも心配になりますなぁ。デジカメ、銀塩カメラと双方良いところがあるのだから、選択の自由は確保したいものです。

nikomat

 カテゴリーをひとつ追加します。「Nikomatで遊ぶ」です。
最近、親父殿のマニュアルカメラをいじっています。「NikonのNikomat」
今更、フィルム。しかもフルマニュアルでございます。なかなか思うように操作が出来ないというレベル。こいつで、いい写真が撮れるのは何時のことやらって感じですが、そのうちアップできたらなーと思っています。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 日々おもふ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。